遮光器土偶は宇宙人だった!?古代宇宙飛行士説とサブカルチャー

f:id:caffelover:20171210234612j:plain

 

歴史で習った人も多いだろう遮光器土偶。これを見た時に、何か不気味な感覚を抱かないだろうか。

 

オカルト的な話をすると、遮光器土偶は、実は宇宙人だった!?という話があり、これは「ナスカの地上絵やモアイ、ストーンヘンジは古代、地球にやってきていた宇宙人が作った」という、1970年代から世界的に流行した「古代宇宙飛行士説」というオカルト文化のローカライズである。

 

古代宇宙飛行士説に関しては出処が大体分かっている(デニケンの「未来の記憶」が最も売れた本であり、焼き直しと言える「神々の指紋」もベストセラーになった)のだが、遮光器=宇宙人説がどのようにして生まれ、古代宇宙飛行士説も含めてどうやって我々の元に伝わってきたのかについて気になっていたものの、まず遮光器土偶=宇宙人説の出処が分からなかったので80年代オカルト文化をまとめた「オカルトの惑星」という本を買った。結果、ようやく出処が分かった。

 

オカルトの惑星―1980年代、もう一つの世界地図

オカルトの惑星―1980年代、もう一つの世界地図

 

 

この本によれば、この説の出処は宇宙友好協会(CBA)発行の「空飛ぶ円盤ニュース」1962年9月号、「古代日本にも機密服!?じょうもんスーツの謎」という記事である(当時はUFO研究団体がいくつかあったのだ)。
その後この話は70年代から長く続くことになるオカルトブームの一翼を担うこととなり、「○○大百科」という姿を借りた子供向けオカルト本にほぼ毎回登場する定番話となる...

 

超常現象の大百科 (学研ミステリー百科)
 

 

が、これだけではない。より強力なツールが我々とオカルトを繋いでいる。漫画とアニメである。

 

 

実は手塚治虫は先に出てきたCBAの理事をやっており、「勇者ダン」「三つ目がとおる」「ブラック・ジャック」といった作品に古代宇宙飛行士説の要素が出てくるのだ。その他、横山光輝の「バビル2世」、石ノ森章太郎の「サイボーグ009」「人造人間キカイダー」といった作品にもこの神話は取り込まれる。

その他にも様々な作品に影響を与えているが、直接的に遮光器土偶への不気味さを植え付けたのはドラえもんだと思う。

 

 

ドラえもん のび太の日本誕生」である。 

 

この映画に出てくるツチダマという悪役キャラクターは遮光器土偶そのままで、壊されても何度も復活するのがなかなかのトラウマである。そして、この映画の悪役は、実は未来人だった...という設定なのである。

まぁこんなところだろうと思っていたのだが、僕はこの本を読んで、ある国民的アニメを見落としていたことに気づいた。

そのアニメには、下記のようなオカルト神話の要素が埋め込まれている。

1. 強大なテクノロジーを持つ超古代文明
2. その文明を伝える謎の古代文字
3. 空から降ってきた物体を秘密裏に回収する政府

 

天空の城ラピュタ [DVD]

天空の城ラピュタ [DVD]

 

 

1986年公開、「天空の城ラピュタ」である。

 

特に印象深いのは、ラピュタの雷を見てムスカが言う次のセリフだ。
旧約聖書にあるソドムとゴモラを滅ぼした天の火だよ。ラーマヤーナではインドラの矢とも伝えているがね。」

古代宇宙飛行士説そのままである。

オカルトは勿論ほとんどこじつけだったが、わくわくする気持ち自体は作品を通じて我々を惹きつけ続ける。

 

その他にも下記のような作品で古代宇宙飛行士説は見られる。マニア向けに思われるオカルトは、様々な作品を通して我々に染み込んでいる。

 

○映画
2001年宇宙の旅:宇宙人がもたらした「モノリス」に猿人が触れたことにより人類に進化する
・エイリアンvsプレデター:人類に文明をもたらしたのは宇宙人であるプレデターだった

○アニメ
超時空要塞マクロス:地球人類は異星人のプロトカルチャーが遺伝子工学で作った
ふしぎの海のナディアアトランティス人は実は宇宙人
飛べ!イサミ:黒幕である黒天狗党は大昔に地球にやってきた宇宙人

 

飛べ!イサミ DVD-BOX 上

飛べ!イサミ DVD-BOX 上

 

 

 

失われた未来の記憶 新世紀オーパーツ紀行

失われた未来の記憶 新世紀オーパーツ紀行

 

 

 

生ける屍の結末

本日は「生ける屍の結末」という本についての読書会を行った。

 

生ける屍の結末――「黒子のバスケ」脅迫事件の全真相

生ける屍の結末――「黒子のバスケ」脅迫事件の全真相

 

 

これは、黒子のバスケ脅迫事件の被告の手記と、裁判での意見陳述を収めた本である。

 

黒子のバスケ脅迫事件とは、黒子のバスケ関連のイベント会場や企業に脅迫文書が送りつけられた事件で、実際にイベントの中止や、黒子のバスケサークル排除が行われた。単なるいたずらの範囲を超えた大量の脅迫状が送りつけられたたため、ニュースでも報道された。

これだけであればただの脅迫事件で終わったのだが、ネットでも公開された、裁判での意見陳述が壮絶なものであり、大勢の人の共感を呼んだ。

 

この事件の被告である渡邊博史氏は神奈川県出身であり、その子供時代は極めて悲惨なものであった。人によっては「あっこれ私だ!」と共感するのではないだろうか。

 

○いじめ
小学校に入ってすぐにいじめられ、中学校でもいじめられる。そのことを親や教師に訴えるが、無視されたり、逆に詰られる。
また塾の講師にもいじめられる。
結果、自分は「ヒロフミ」という最下層身分であり、そのために常に悲惨な目にあうのだ、という世界観を作り上げ、自分を納得させるようになる。

 

○虐待
親から虐待をされて育つ(本人は虐待とは認めていない)。

・同級生との写真を見た際、母親に「お前だけ顔が汚い」と言われる。また「髪を伸ばすと完全に奇形児にしか見えず、丸坊主も知恵遅れのようで気持ちが悪い」などと言われ、常に角刈りを強制される。このため外見に著しいコンプレックスを抱える。

・マンガ・アニメ・ゲームを完全禁止される。漫画を買いたいと父親に言ったところ殴り飛ばされる。

・比較的寛容だった将棋に関しても何故かNHKの番組とBSの番組のどちらかしか視聴することが許されず、最終的に禁止される。

・勉強に関しても、「お前は頭が悪いはずだから応用問題はやらなくて良い」と言われ、基礎の繰り返しを強制される。成績が良いのに下のクラスに入れられていることを不憫に思った塾講師から貰った数学の応用問題集を楽しみながら問いていたところ、それを取り上げられ、破られる。

・外食時にメニューを選んだところ両親に難癖をつけられ、最終的には「まともにメニューも選べないのか!」と罵倒される。

・上記のように好きなことを禁止される経験を繰り返したため、何かを好きになることを避けるようになる。


自分は好きなものがあっても、好きにならずにできるだけ諦めるようにする癖がつきました。禁止されたら悲しいからです。


このような抵抗があるため、彼は後に一人でエスニック料理店に入る際に1時間、ジャンプを買う際に4時間近く葛藤している。

 

このように悲惨な子供時代を送ったため、彼は社会との繋がり意識を持つことができなかった。
その中で彼が持つことができた数少ない繋がりは下記3点である。

 

  1. 自分がマンガ家を目指して挫折した負け組であるということ
  2. 同人誌の世界の片隅の一人であるということ
  3. 新大久保(新宿)の住人であるということ

 

これらの繋がり意識は、新宿区出身のマンガ家である黒バス作者の登場によって危機を迎えることとなるが、興味深いのは3点めに挙げられている土地が、故郷神奈川ではなく、一人暮らしを送った新大久保だったということである。
地元で虐げられた彼は、そこに対して帰属意識を持つことができず、むしろ自ら選んだ新大久保に愛着を持った。故郷に馴染めなかった彼を受け入れてくれたのが日本最大のエスニック街であったことは偶然ではないように思われる。彼はこの街で初めて人に慕われるという経験をする。その相手は職場で教育していた、中国人やインドネシア人の新人達であった。彼はまた、ネトウヨ化することで帰属意識を持つ処世術についてこう語っている。


自分にはネトウヨ化の薬もあまり効きませんでした。なぜかと申しますと自分は子供の頃から日本人が嫌いだったからです。なぜなら自分を酷い目にあわせた人間が全て日本人であることに気がついていたからです。

 

このようにひたすら酷い目に合わされ続け、自己を否定する世界観に囚われていた彼だが、最終意見陳述にて、その世界観が崩される経験をしたことが明かされる。それは自暴自棄になり、留置所で髪を伸ばした彼に留置所担当者がかけた一言だった。

 

髪が長くなって随分と見た目が優しい感じになりましたね。外でも基本はその髪型だったんでしょ。

 

母親に30歳を過ぎても言われ続けていた、「お前が髪を耳にかかるような長さにしたら、見苦しくて汚くて見るに耐えない」という呪いが、ここで瓦解したのである。

この一言から、彼の対人恐怖、対社会恐怖は霧消することとなる。


この一言は、悲惨な記述が続く本書に灯る希望である。

 

被告は出所したら自殺をすると宣言しているが、生きてまた文章を読ませて欲しいと思う。

 

 

生ける屍の結末――「黒子のバスケ」脅迫事件の全真相

生ける屍の結末――「黒子のバスケ」脅迫事件の全真相

 

 

シリアルキラーズと大量殺人者

シリアルキラー展で購入したシリアルキラーズを読み終わった。単行本で500ページに及ぶ大作だったが興味深く読んだ。

 

シリアルキラーズ -プロファイリングがあきらかにする異常殺人者たちの真実-

シリアルキラーズ -プロファイリングがあきらかにする異常殺人者たちの真実-

 

 

シリアルキラーと聞いて津山30人殺しやコロンバイン高校銃乱射事件を思い出す人もいるだろうが、そちらは「大量殺人者」とされ、この本では区別される。

この本で扱われるシリアルキラー=連続殺人者は、ある程度の期間をかけて一人ないし数人ずつ殺しを行うタイプの殺人者...テッド・バンディ、エド・ゲイン、ジョン・ゲイシーなどだ。
一方、大量殺人者は、この本の表現を借りれば「プッツン」して短期間に大量殺人を行う者であり、本書では扱われない。

 

本書で繰り返し強調されるのは、シリアルキラーは至って普通に見えるということだ。恋人や配偶者がいたり、子供がいることも珍しくはない。従って、彼らの生い立ちについて読んでいると、まるで隣人かのように思えてくる。

全く身近に感じられなくなるのはその犯行動機の話に入ってからである。何故なら、ほとんどの(特に男性の)シリアルキラーの動機が性的欲求だからである。被害者は殺される前に暴行されている場合も、殺された後に暴行されている場合(これはつまりネクロフィリアであり、遺体を隠した場所に何度も足を運ぶ場合や、その間近で恋人とプレイしていた事例も存在する)もあるが、いずれにしても暴行されている。ここに至るとさすがに彼等を理解するのは難しくなる(この他には「被害者が自分を殺してくれと頼んでいたのだ」という幻覚型もある)。

 

となると、僕がより興味を抱くのはむしろ、突然爆発したかのように見える大量殺人犯のほうかもしれない。ということで次は 『大量殺人の“ダークヒーロー"――なぜ若者は、銃乱射や自爆テロに走るのか?』を読むこととする。

 

大量殺人の“ダークヒーロー

大量殺人の“ダークヒーロー"――なぜ若者は、銃乱射や自爆テロに走るのか?

 

 

これは先月発売されたばかりの本でありなかなか興味深い。もちろん読書会を開催する予定である。

 

僕は以前から、読書会や勉強会といった固いカルチャーにアングラカルチャーを混ぜ込むことによってメインストリームへアングラを侵攻させる戦法を考えている。同じコミュニティーで、IT勉強会→アングラ読書会→IT勉強会→アングラ読書会と交互に伝道を行い、どちらにも強い闇の勢力を作りたい。

 

このことによってぽつぽつと勉強会サイトにアングラネタが増え始め、やがては渋谷の巨大スクリーンをアングラネタがジャックする日も来るのではないだろうか。その暁には、スクランブル交差点で「うーむ、これが世界の選択か。ラ・ヨダソウ・スティアーナ。エル・プサイ・こんがり〜」と呟きたいものだ。

 

 

中二病超(スーパー)図鑑 ~ファンタジー・軍事・オカルト・化学・神話~

中二病超(スーパー)図鑑 ~ファンタジー・軍事・オカルト・化学・神話~

 

 

クールアニメについていけなくなっても ~オカルトアニメはいいぞ~

anond.hatelabo.jp

 

僕も同じようなことを感じた時期があったが、これはクールアニメが主流となり、単純に見る時間がなくなったためについていけなくなったのが大きいと思う。

僕の好きなアニメはAKIRA攻殻機動隊老人Zなどの劇場版アニメで、2時間もあれば見ることができる。ところがクールアニメとなると12話✕30分が基本として6時間、さらに毎週追うのが辛いというのが正直なところで、あまり見ていなかった(引き続き劇場版アニメのみ鑑賞)。

それでもオカルト好きの知り合いに教えてもらったアニメはクールアニメだけど結構面白くて、選んで見ればまずまず楽しめると思っている。新しい作品でなければAmazonプライムビデオ、Netflixなどで配信されていることも多く、時間がある時にまとめて見られる。「今期のアニメ」という話題の場合はリアルタイム性が重要だけれど、オカルトの話題であればそれこそ70年代オカルトブームから話せるので特に問題はない(ちなみに僕はオカルトを一切信じていないオカルト好き)。

最近見たのは世紀末オカルト学院

 

 オカルト学園もので、以前紹介したUFO学園の秘密とは別の作品なので注意だ。

 

オーパーツ、宇宙人、ダウジング、超能力など、オカルトブームで流行したネタが一通りでてきたので大変興奮する。しかも一部についてはネタばらしもしているあたりが良い(ここがUFO学園とは違う)。

 

僕はこの作品に登場するJKというキャラクターが気に入った。悪魔的なファッションのダウザーで、映画好きからすると高橋ヨシキさんに見える...(が作中でそのネタはない)。のんびりしたキャラクターだけどダウジングでちゃっかり活躍するあたりが良い。

 

f:id:caffelover:20170708103335p:plain

幽霊を的確に指し示すダウジング棒!!(JKに女の子は見えていない)

 

f:id:caffelover:20170708103430p:plain

スマイルとのコンビでスピンオフが欲しい

 

f:id:caffelover:20170708103605p:plain

ダウジング棒で敵を切り裂く!武器だったのか!!

 

次はオカルティック・ナインを見るぞ。

 

オカルティック・ナイン 1-3巻セット (アフタヌーンKC)

オカルティック・ナイン 1-3巻セット (アフタヌーンKC)

 

 

 

 

 

 

マストドンオフ@20170630

6/30(金)夜、秋葉原で行われた第1回マストドンオフに行ってきた。

 

f:id:caffelover:20170630210326j:plain

 

いやーめちゃめちゃ楽しかった!

ここ5年程で最も楽しいオフ会になり、あまりに楽しかったので四次会まで行ってしまった(リアルにオフ会二日目だった)。

 

主にfriends.nicoで活動しているガジェット通信主催ということもあって参加者はほぼフレニコ民(マストドンにはそれぞれ管理が異なるインスタンスがあり、インスタンスによってカルチャーが違う)で、普段から交流しているためか一次会から異様な盛り上がりを見せた(主催のガジェット通信も「こんなに盛り上がるとは思いませんでした」と困惑していた)。

 

90分の交流タイムでは足りずに40人中30人が二次会に出陣。それでも足りずに三次会は朝5時までカラオケ屋に行き、最後は「ぼくとわたしとニコニコ動画」を皆で熱唱した(フレニコインスタンスドワンゴが管理しているためほぼニコニ動ユーザ)。


僕はそれでも足りなかったので再びカラオケ屋に入り直し、四次会まで参加した。

 

リアルの世界とは違う、ネットで交流している人々とのネットカルチャーを基軸とした実交流...カラオケは「ようこそジャパリパークへ」で始まり、ニコニコ黎明期に流行した豪血寺一族で盛り上がり、最後の「ぼくとわたしとニコニコ動画」で「ニコニコ動画」を合唱している時には目頭が熱くなっていた。

 

f:id:caffelover:20170701014902j:plain

 

f:id:caffelover:20170701045858j:plain

 

あの日夢見たインターネットはここに実現したのだ!!

 

僕は10代の頃に初めて参加したオフ会を思い出していた。
あの頃はインターネットを使っているだけで仲間意識があり、オフ会に行けばそこが「ここではない、どこか」だった。

 

時代は流れ、インターネットを使うのは当たり前になり、あの空気はもう実現できないのかと思っていた。

ところがまだ希望はあった。まだインターネットにコアな空間は作り出せるのだ。
僕も悩んでいる人を救うような、「ここではない、どこか」を現実に作っていきたい。

 

youtu.be

 

 

マストドン 次世代ソーシャルメディアのすべて (マイナビ新書)

マストドン 次世代ソーシャルメディアのすべて (マイナビ新書)

 

 

 

クラック・ザ・スカイ

クラック・ザ・スカイ

 

 

Macでニコ生配信

これまで配信はツイキャスで行なっており、Windowsマシンをツイキャスに最適化していたのだが、先日MacBookProが届いたのを機にニコ生に復帰することにしたので設定についてメモしておく。MacBookProにはマイクが内蔵されており、またイヤホンジャックもあるため、特にハードウェアを追加することなく配信を行うことができた。

 

僕は頻繁に配信を行うというよりは、日付を決めて読書会配信を行うスタイルであるため、スライド画像を映すための配信ソフト、BGMやSkype音声を流すためのステレオミキサー、コメントを表示するためのコメントビューワーというシンプルな構成である。

 

使っているソフト:

  • ステレオミックス:SoundFlower, LadioCast
  • 配信ソフト:OBS
  • コメントビューワー:Hakumai

 

○ステレオミックス

使うソフト:

  1. SoundFlower,LadioCastをインストールする
    それぞれのリンクからソフトウェアをインストールする。役割は以下の通り。
    SoundFlower: 入力音声をLadioCastに出力する。
    LadioCast: 入力された音声をミックスする。

  2. 音声の入出力設定(SoundFlower)
    入力を自分が使うマイクに、出力をSoundFlower(2ch)に設定する。
    ※この時点でPCから音声が出なくなるが問題ない

    入力設定(この場合は内蔵マイクを使用):

    f:id:caffelover:20170629212851p:plain

    出力設定:

    f:id:caffelover:20170629213212p:plain

  3. LadioCastで音声をミックス
    入力にマイクとSoundFlower(2ch)を、出力にスピーカーとSoundFlower(64ch)を設定し、ミックスされた音声が出力されるようにする。
    ※ここで音声が出るようになる

    f:id:caffelover:20170629213710p:plain

これで自分の声とPC上の音声をミックスできた。次は配信の実施である。

 

○配信の実施

僕はシンプルに枠取り→OBS(配信ツール)で配信開始という流れで配信を行なっている。画像を貼るためにCamTwistを使っている人も多いが、OBSにドラッグ&ドロップで画像を映せるため、僕は特に使っていない。

 

使うソフト:

  1. OBSのインストー
    OBSをインストールする。アプリケーションにOBSが追加される。
  2. obs-rtmp-nicoliveを結合
    obs-rtmp-nicolivedmgファイルをダウンロードして開くと、中にContentsフォルダがある。これをアプリケーションに追加されたOBSを右クリック→「パッケージの内容を表示」で表示させ、ドラッグして「結合」する。これでインストール作業は完了。

    f:id:caffelover:20170629215433j:plain



  3. OBSで音声設定を行う
    OBSを起動し、「設定」から「音声」を選択し、「デスクトップ音声デバイス」をSoundflower(64ch)にする。

    f:id:caffelover:20170629220254p:plain

  4. ニコ生の枠を取る
    いつもの通り、ニコ生の枠を取って配信を開始する。この時、「外部ツール配信」を選択する。

  5. OBSで配信開始
    OBSの「設定」から「配信」を選択する。「配信種別」を「カスタムストリングサーバー」とし、URLとストリームキーにブラウザのニコ生配信画面に記載されている「URL」、「Stream」を貼り付ける。
    この後OBSで「配信開始」すれば配信が開始される。
    画像を貼りたい場合、OBSにそのまま画像をドラッグ&ドロップすればそのまま反映される。

 

○コメントビューワー

僕はHakumaiを使っている。シンプルで良い。

 

以上の設定によりニコ生配信を実施できた。

今後は月2回ほど、アキディベコミュニティでスライドレジュメを使って読書会配信を行なっていく予定である。

ニコ生復帰第1弾は7/7(金) 22:00頃からのシリアルキラーズ読書会。500ページに渡る連続殺人犯の記録をまとめる。

 

 

 

知識・ノウハウを「動画配信」して稼ぐ!  「ネットセミナー」のはじめ方 (DO BOOKS)

知識・ノウハウを「動画配信」して稼ぐ! 「ネットセミナー」のはじめ方 (DO BOOKS)

 

 

 

 

 

室外機の聖地へ

室外機の聖地、湯島ハイタウンに行ってきた。

 

f:id:caffelover:20170624133148j:plain

f:id:caffelover:20170624133120j:plain

f:id:caffelover:20170624133328j:plain

f:id:caffelover:20170624133414j:plain

f:id:caffelover:20170624133513j:plain

 

湯島ハイタウンは室外機好きの間では有名な建築物で、ずらりと並ぶ様子が圧巻である。僕は複雑な配管や室外機が好きなのだが、前者は大友克洋老人Zに、後者は九龍城と、そこから着想を得たであろうサイバーパンク作品に影響を受けている。

 

f:id:caffelover:20170213222556j:plain

Wikipediaより

 

f:id:caffelover:20170624185919j:plain

Kowloon Walled City: Life in the City of Darkness より

 

属性を得た風景は現実を飛び越え、創作物の世界となる。

  

九龍城探訪

九龍城探訪

 

 

 

最期の九龍城砦【完全保存版】

最期の九龍城砦【完全保存版】