読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニカルトの時代

オセロ中島もハマった“洗脳”その恐怖の実態を暴く!

まだまだ真相は分からない(当事者が話さない限り分からないので当たり前ですが)オセロ中島さんの事件ですが、弁護士の紀藤正樹氏によると、オウム以降カルトに対する国民の目が厳しくなり、またネットが発達したことによって集団の大規模化が難しくなったそうです(派手な勧誘をするとすぐにネットに書かれてしまうため)。そこで増えているのが小規模団体。もともとニーズはあるため、これまで大規模団体に入っていた層が分散化。数え切れないくらいの相談が寄せられているらしい。勿論ネットで検索しても出て来ないし、大規模集団に比べて非常に活動実態が分かり辛い。取締りが厳しくなった結果、活動が地下に潜る一つの例とも言えるでしょうか。身近に潜むミニカルト、気を付けたいところです。