読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日経Linux10月号のADK(Android Open Accessory Development Kit)チュートリアルをやってみた(後半戦).

日経 Linux (リナックス) 2012年 10月号 [雑誌]

 

2ヶ月ほど放置してしまいましたが、日経Linuxのチュートリアル後半戦を完了しました。

内容はライブドアから翌日の天気予報情報を取得し、"晴"が含まれていれば赤を、"曇"が含まれていれば緑を、"雨"が含まれていれば青をフルカラーLEDで表示するというもの。

前回の記事での修正が完了していれば、付属DVDのAndroidプロジェクトをeclipseにインポートして実機にインストールし、スケッチをADKに書き込めば動きます。

 

f:id:caffelover:20121223090823j:plain

この日の翌日の天気予報は晴れだったので赤でした。

 

f:id:caffelover:20121223090944j:plain

フルカラーLEDなので勿論赤以外も点灯可(この画像は導線を差し替えただけ)。

 

あと注意するところと言えば、今回うっかり角型フルカラーLEDを購入してしまい、これがブレッドボードの溝をまたげなかったので四本の足それぞれを絶縁できないという失敗をしてしまいました(画像のは斜めに指すという乱暴な方法を取ってます)。ちゃんとこういうのを買ったほうが良いです。

 

Android ADK 組込みプログラミング完全ガイド (Smart Mobile Developer)

Android ADK 組込みプログラミング完全ガイド (Smart Mobile Developer)

Android×Arduinoでつくるクラウド連携デバイス―Android ADKで電子工作をはじめよう! ―

Android×Arduinoでつくるクラウド連携デバイス―Android ADKで電子工作をはじめよう! ―