クールアニメについていけなくなっても ~オカルトアニメはいいぞ~

anond.hatelabo.jp

 

僕も同じようなことを感じた時期があったが、これはクールアニメが主流となり、単純に見る時間がなくなったためについていけなくなったのが大きいと思う。

僕の好きなアニメはAKIRA攻殻機動隊老人Zなどの劇場版アニメで、2時間もあれば見ることができる。ところがクールアニメとなると12話✕30分が基本として6時間、さらに毎週追うのが辛いというのが正直なところで、あまり見ていなかった(引き続き劇場版アニメのみ鑑賞)。

それでもオカルト好きの知り合いに教えてもらったアニメはクールアニメだけど結構面白くて、選んで見ればまずまず楽しめると思っている。新しい作品でなければAmazonプライムビデオ、Netflixなどで配信されていることも多く、時間がある時にまとめて見られる。「今期のアニメ」という話題の場合はリアルタイム性が重要だけれど、オカルトの話題であればそれこそ70年代オカルトブームから話せるので特に問題はない(ちなみに僕はオカルトを一切信じていないオカルト好き)。

最近見たのは世紀末オカルト学院

 

 オカルト学園もので、以前紹介したUFO学園の秘密とは別の作品なので注意だ。

 

オーパーツ、宇宙人、ダウジング、超能力など、オカルトブームで流行したネタが一通りでてきたので大変興奮する。しかも一部についてはネタばらしもしているあたりが良い(ここがUFO学園とは違う)。

 

僕はこの作品に登場するJKというキャラクターが気に入った。悪魔的なファッションのダウザーで、映画好きからすると高橋ヨシキさんに見える...(が作中でそのネタはない)。のんびりしたキャラクターだけどダウジングでちゃっかり活躍するあたりが良い。

 

f:id:caffelover:20170708103335p:plain

幽霊を的確に指し示すダウジング棒!!(JKに女の子は見えていない)

 

f:id:caffelover:20170708103430p:plain

スマイルとのコンビでスピンオフが欲しい

 

f:id:caffelover:20170708103605p:plain

ダウジング棒で敵を切り裂く!武器だったのか!!

 

次はオカルティック・ナインを見るぞ。

 

オカルティック・ナイン 1-3巻セット (アフタヌーンKC)

オカルティック・ナイン 1-3巻セット (アフタヌーンKC)

 

 

 

 

 

 

マストドンオフ@20170630

6/30(金)夜、秋葉原で行われた第1回マストドンオフに行ってきた。

 

f:id:caffelover:20170630210326j:plain

 

いやーめちゃめちゃ楽しかった!

ここ5年程で最も楽しいオフ会になり、あまりに楽しかったので四次会まで行ってしまった(リアルにオフ会二日目だった)。

 

主にfriends.nicoで活動しているガジェット通信主催ということもあって参加者はほぼフレニコ民(マストドンにはそれぞれ管理が異なるインスタンスがあり、インスタンスによってカルチャーが違う)で、普段から交流しているためか一次会から異様な盛り上がりを見せた(主催のガジェット通信も「こんなに盛り上がるとは思いませんでした」と困惑していた)。

 

90分の交流タイムでは足りずに40人中30人が二次会に出陣。それでも足りずに三次会は朝5時までカラオケ屋に行き、最後は「ぼくとわたしとニコニコ動画」を皆で熱唱した(フレニコインスタンスドワンゴが管理しているためほぼニコニ動ユーザ)。


僕はそれでも足りなかったので再びカラオケ屋に入り直し、四次会まで参加した。

 

リアルの世界とは違う、ネットで交流している人々とのネットカルチャーを基軸とした実交流...カラオケは「ようこそジャパリパークへ」で始まり、ニコニコ黎明期に流行した豪血寺一族で盛り上がり、最後の「ぼくとわたしとニコニコ動画」で「ニコニコ動画」を合唱している時には目頭が熱くなっていた。

 

f:id:caffelover:20170701014902j:plain

 

f:id:caffelover:20170701045858j:plain

 

あの日夢見たインターネットはここに実現したのだ!!

 

僕は10代の頃に初めて参加したオフ会を思い出していた。
あの頃はインターネットを使っているだけで仲間意識があり、オフ会に行けばそこが「ここではない、どこか」だった。

 

時代は流れ、インターネットを使うのは当たり前になり、あの空気はもう実現できないのかと思っていた。

ところがまだ希望はあった。まだインターネットにコアな空間は作り出せるのだ。
僕も悩んでいる人を救うような、「ここではない、どこか」を現実に作っていきたい。

 

youtu.be

 

 

マストドン 次世代ソーシャルメディアのすべて (マイナビ新書)

マストドン 次世代ソーシャルメディアのすべて (マイナビ新書)

 

 

 

クラック・ザ・スカイ

クラック・ザ・スカイ

 

 

Macでニコ生配信

これまで配信はツイキャスで行なっており、Windowsマシンをツイキャスに最適化していたのだが、先日MacBookProが届いたのを機にニコ生に復帰することにしたので設定についてメモしておく。MacBookProにはマイクが内蔵されており、またイヤホンジャックもあるため、特にハードウェアを追加することなく配信を行うことができた。

 

僕は頻繁に配信を行うというよりは、日付を決めて読書会配信を行うスタイルであるため、スライド画像を映すための配信ソフト、BGMやSkype音声を流すためのステレオミキサー、コメントを表示するためのコメントビューワーというシンプルな構成である。

 

使っているソフト:

  • ステレオミックス:SoundFlower, LadioCast
  • 配信ソフト:OBS
  • コメントビューワー:Hakumai

 

○ステレオミックス

使うソフト:

  1. SoundFlower,LadioCastをインストールする
    それぞれのリンクからソフトウェアをインストールする。役割は以下の通り。
    SoundFlower: 入力音声をLadioCastに出力する。
    LadioCast: 入力された音声をミックスする。

  2. 音声の入出力設定(SoundFlower)
    入力を自分が使うマイクに、出力をSoundFlower(2ch)に設定する。
    ※この時点でPCから音声が出なくなるが問題ない

    入力設定(この場合は内蔵マイクを使用):

    f:id:caffelover:20170629212851p:plain

    出力設定:

    f:id:caffelover:20170629213212p:plain

  3. LadioCastで音声をミックス
    入力にマイクとSoundFlower(2ch)を、出力にスピーカーとSoundFlower(64ch)を設定し、ミックスされた音声が出力されるようにする。
    ※ここで音声が出るようになる

    f:id:caffelover:20170629213710p:plain

これで自分の声とPC上の音声をミックスできた。次は配信の実施である。

 

○配信の実施

僕はシンプルに枠取り→OBS(配信ツール)で配信開始という流れで配信を行なっている。画像を貼るためにCamTwistを使っている人も多いが、OBSにドラッグ&ドロップで画像を映せるため、僕は特に使っていない。

 

使うソフト:

  1. OBSのインストー
    OBSをインストールする。アプリケーションにOBSが追加される。
  2. obs-rtmp-nicoliveを結合
    obs-rtmp-nicolivedmgファイルをダウンロードして開くと、中にContentsフォルダがある。これをアプリケーションに追加されたOBSを右クリック→「パッケージの内容を表示」で表示させ、ドラッグして「結合」する。これでインストール作業は完了。

    f:id:caffelover:20170629215433j:plain



  3. OBSで音声設定を行う
    OBSを起動し、「設定」から「音声」を選択し、「デスクトップ音声デバイス」をSoundflower(64ch)にする。

    f:id:caffelover:20170629220254p:plain

  4. ニコ生の枠を取る
    いつもの通り、ニコ生の枠を取って配信を開始する。この時、「外部ツール配信」を選択する。

  5. OBSで配信開始
    OBSの「設定」から「配信」を選択する。「配信種別」を「カスタムストリングサーバー」とし、URLとストリームキーにブラウザのニコ生配信画面に記載されている「URL」、「Stream」を貼り付ける。
    この後OBSで「配信開始」すれば配信が開始される。
    画像を貼りたい場合、OBSにそのまま画像をドラッグ&ドロップすればそのまま反映される。

 

○コメントビューワー

僕はHakumaiを使っている。シンプルで良い。

 

以上の設定によりニコ生配信を実施できた。

今後は月2回ほど、アキディベコミュニティでスライドレジュメを使って読書会配信を行なっていく予定である。

ニコ生復帰第1弾は7/7(金) 22:00頃からのシリアルキラーズ読書会。500ページに渡る連続殺人犯の記録をまとめる。

 

 

 

知識・ノウハウを「動画配信」して稼ぐ!  「ネットセミナー」のはじめ方 (DO BOOKS)

知識・ノウハウを「動画配信」して稼ぐ! 「ネットセミナー」のはじめ方 (DO BOOKS)

 

 

 

 

 

室外機の聖地へ

室外機の聖地、湯島ハイタウンに行ってきた。

 

f:id:caffelover:20170624133148j:plain

f:id:caffelover:20170624133120j:plain

f:id:caffelover:20170624133328j:plain

f:id:caffelover:20170624133414j:plain

f:id:caffelover:20170624133513j:plain

 

湯島ハイタウンは室外機好きの間では有名な建築物で、ずらりと並ぶ様子が圧巻である。僕は複雑な配管や室外機が好きなのだが、前者は大友克洋老人Zに、後者は九龍城と、そこから着想を得たであろうサイバーパンク作品に影響を受けている。

 

f:id:caffelover:20170213222556j:plain

Wikipediaより

 

f:id:caffelover:20170624185919j:plain

Kowloon Walled City: Life in the City of Darkness より

 

属性を得た風景は現実を飛び越え、創作物の世界となる。

  

九龍城探訪

九龍城探訪

 

 

 

最期の九龍城砦【完全保存版】

最期の九龍城砦【完全保存版】

 

 

MacBookPro2017年モデル到着

先日の記事に書いた通り、2017年モデルMacBookProが到着したのでメモ。

今回購入したのは13インチTouchBarモデルで、メモリを16GB、ストレージを1TBにカスタマイズした。詳しい仕様はAppleのWebサイトで。

 

○キーボード

f:id:caffelover:20170624101652j:plain

キーボードは第2世代バタフライキーボード。打鍵感はあまりないので慣れる必要がある。

 

○TOUCHBAR

f:id:caffelover:20170618000418j:plain

f:id:caffelover:20170617235826j:plainf:id:caffelover:20170618081018j:plain

やはり今回気になるのがTOUCHBARだろう。僕はあまりファンクションキーを使っていなかったのでこちらにした。普段は明るさ調整や音量調整などの一般的な機能が表示されているが、ブラウザを開くとブックマークやタブが表示されたり、動画を再生するとシークバーになったりと見ていての面白さはある。今後色々な利用法が開発されていくと思うので期待している。

 

○ポート

f:id:caffelover:20170624101858j:plain

 

f:id:caffelover:20170624101753j:plain

 

2016年モデルからも言われていることだが、イヤホンジャックの他は全てUSB-Cポートである。まだ対応製品が少ないため、HUBは持っていたほうが便利。僕はこれを使っている。

 

 

利点としては両側から給電できることであり、外出先用に小型の急速充電器を保持しておきたいものだ。

 

 

さて、このMacBookProを使ってニコ生配信を始めようと思っている(WindowsPCはツイキャスに最適化してしまっている)。設定が終わったらそちらも記事にしたい。

 

 

アップルvs.グーグル: どちらが世界を支配するのか (新潮文庫)

アップルvs.グーグル: どちらが世界を支配するのか (新潮文庫)

 

 

MacでMONACOINのwalletを移行する。

MacBookAirを購入してはや五年。動きはまだまだキビキビしているもののストレージが限界になり、Monacoinの同期も止めていた。

そろそろ買い換えるか、ということで今月MacBookProに移行したついでにMonacoinの移行も行ったのでメモ。

 

  1. 最新walletをインストー
    ダウンロードページからMacOS X用のwalletを落とし、インストールする。

  2. walletのバックアップを取る
    移行元のwalletのバックアップ機能でdatファイルを保存する。

  3. wallet.datを上書き
    2.で保存したバックアップファイルを新端末に移行し、1.でインストールしたwalletのwallet.datに上書きする。wallet.datの場所は
    ヘルプ→デバッグウィンドウ→データディレクトリ 
    に記載されているディレクトリ配下。

  4. 起動
    wallet.dat上書き後、起動する。残高が移行していれば成功。

久しぶりにアドレスを貼ろう。
MNQkDTM2kfauWEA7QX6m7ix7iiuiWF7CVc

 

 

 

ブロックチェーン入門 (ベスト新書)

ブロックチェーン入門 (ベスト新書)

 

 

PUDOステーションを使ってみた

クロネコヤマトの配達先でPUDOステーションを選べるようになっていたので早速使ってみた。

PUDOステーションというのはいわゆる宅配ロッカーサービスで、昨年末に設置台数100台を突破するなど、都市部を中心に急速に広がっている。

クロネコヤマトの場合は到着前日にメールを送信してくれるのだが、その際に選ぶ配達先としてPUDOステーションを選べば準備完了である。

PUODステーションへの荷物の配達後、認証番号へのURLが記載されたメールが届くので、それを入力して受け取る仕組みとなっている。

f:id:caffelover:20170612192523j:plain

外観

 

f:id:caffelover:20170612192544j:plain

認証番号を入力する。

 

f:id:caffelover:20170612192632j:plain

認証番号を入力後サインを記入

 

f:id:caffelover:20170612192700j:plain

入力完了するとこのように扉が開く。

 

PUDOステーションを運営するPackcityはヤマトとネオポストジャパンの合弁なのだが、Webサイトによればヤマト以外に佐川も使えるらしく、これは大きい。

佐川はコンビニ配達が選べないため、配達が佐川の業者だと躊躇していた(平日だとほぼ確実に再配達になるので何だか申し訳ない)のだが、これからは気にせずに済むということである。これまでほぼAmazon楽天メール便が使える業者で済ませていたところから、購入の幅が広がりそうである。